ナチュラルハーベスト インファント(離乳食) 950g【送料無料】 | neel(ニール)

 インファント (離乳食)

infant 

「どうしてこんなにアレルギーで悩む犬が多いのだろう」
「なぜ、こんなに多くの犬が軟便で困っているのだろう」
ずっと不思議に思っていました自然界で考えた場合、アレルギーがあるために獲物を食べられない、軟便で食べ物を消化できないというハンデを抱えている生き物は、おそらく自然淘汰されてしまうのではないでしょうか。これほど多くの犬がアレルギーや軟便で悩んでいる状態というのは、普通ではないと思うのです。

現在、ペットショップなどで販売される仔犬の多くは、生後1ヶ月程度から店頭に並びはじめるといわれていますが、こうした仔犬はすでに離乳が終わっているのが一般的です。
ところが自然な離乳の場合、母犬は生後2ヶ月〜3ヶ月までは母乳を与えたり、半消化した食べ物を吐き戻して与え、徐々に離乳をさせるといわれています。本来であれば、こうした離乳の過程が、1ヶ月で終わってしまうことはほとんどありません。

また、現在利用されている離乳食は多くがふやかしたドッグフードなどだと言われています。仔犬の時期は特に消化機能や免疫機能を作る大変重要な時期で、このころ作られてた身体と一生付き合っていくことになります。
この時期に多くの種類の食べ物を急に食べてしまうと、準備が整っていない消化器は食べ物に含まれるタンパク質を上手に分解できず、未消化のまま吸収してしまい、その結果、腸の発育が妨げられ、将来的に軟便などの症状を引き起こすひとつの原因になるといわれています。
また、未消化のまま吸収されたタンパク質は、体内でアレルギーの原因である抗原になる場合があるとの研究結果もあります。

もちろん、ドッグフードはさまざまな栄養素をバランスを考えた上で配合してあります。しかしながら、離乳期の仔犬にとっては、ドッグフードに含まれるさまざまなタンパク質が、一度に体内にはいることが問題となっている可能性があるのです。すこしずつ順番に入ってくれば、仔犬の消火器もゆっくりと準備をし、成長することができますが、一度にはいってきてしまった場合、未発達な消火器では対処しきれないのではないか、と考えました。

人間の赤ん坊の離乳は、お粥の上澄みのようなものからスタートして、消化しやすい食べ物を細かくペースト状にして少しずつ与えます。品数も便の状態を見ながら徐々に増やしていきます。大人が食べる食事を、ふやかしたからといってそのまま与えることはまずありません。
おそらくそんなことをすれば、赤ん坊は消化できずに下痢をしてしまいます。

仔犬の間に消火器や免疫機能を充実させることができなかった場合、あとから、取り戻すことはなかなか困難です。離乳を急ぎすぎる事と離乳食の内容こそが、増加している犬のアレルギーや、慢性的な軟便の原因のひとつではないかと考えました。

人間の赤ん坊の売り場に行けば、非常にたくさんの種類が用意されているにもかかわらず、犬用の離乳食はほんの数種類しかありません。
そこで、本来の離乳にすこしでも近づくことができるようにタンパク質の種類を抑え、かつ消化しやすくした離乳食をご用意することにいたしました。自然な成長や、元気で長生きできるような商品作りにこれからもこだわっていきたいと考えています。自然な離乳や発育について、もう一度考えてみてはいかがでしょうか。

多くの犬がアレルギーや慢性的な軟便で悩んでいると言われています。離乳の内容と時期にその原因があるのではないかと考え、離乳食「インファント」をご用意することにしました。
[原産国 日本]
AAFCO幼犬・成犬用栄養基準適合(総合栄養食)
子犬の離乳期に適した総合栄養食です。
「インファント」は、ミルクをベースに、アルファー化米などの消化しやすいタンパク質や消化機能や免疫機能の充実を助ける成分を配合。さらに、消化しやすさ、与えやすさを考えてパウダー状にしてあるので、温湯と混ぜるだけで簡単に理想的な離乳食を作れるようになっています。
◎子犬の離乳期の食事も、人間の赤ちゃんと同様に
子犬の時期は、特に消化機能や免疫機能をつくる重要な時期で、このころ創られた体と一生付き合っていくことになります。この時期に多くの種類の食べ物を急に食べてしまうと、準備が整っていない消化器は食べ物に含まれるタンパク質を上手に分解できず、未消化のまま吸収してしまいます。その結果、腸の発育が妨げられ、将来的に軟便などの症状を引き起こす一つの原因と言われています。また、未消化のまま吸収されたタンパク質は体内でアレルギーの原因である抗原になる場合があるとの研究結果もあります。
給餌方法・給餌目安量
【離乳食としてご使用になる場合】
本品[インファント]は総合栄養食ですので、[インファント]と水だけで必要な栄養素をまかなう事ができます。
母乳の量や成長の速度など個体差がありますが、生後3〜4週目ぐらいから離乳を始め、10〜15週目前後までを目安に与えてください。母乳や離乳食の期間が長いほど、免疫機能や消化器官を充実させる事ができると言われています。なるべく離乳の期間にゆとりを持ちましょう。

<一日あたりの給与目安量>
1.表を目安に体重の変化、体調、弁の状態を見ながら増減してください。(幼犬は成長速度により給与量が大きく変わります)
2.幼犬は表を目安に、食べられるだけ与えてください。
3.添付のスプーンは、すりきり1杯でインファント約3gです。
体重(kg)幼犬シニア犬
0.53519
15631
311664
516490
10261143
15342188
20415228
25481265
30544299
40660363

<離乳時の一日あたりの給与回数と濃度の目安>
日齢給与回数濃度(インファント:温湯)
生後20〜30日4回以上1:3
生後30〜60日3〜4回1:1
生後60〜90日1:1に消化のよいウェットフードなどを加えてください。

【母犬の栄養補給や歯の弱い高齢犬の食事、滋養食としてご使用の場合】
フードなどにふりかけてお使いいただくか、適当な濃度に温湯で溶いて与えてください。
老犬の普段の食事として与える場合は、1日あたり本品[インファント]を体重の約2%程度与えてください。

ナチュラルハーベスト インファント(離乳食) 950g【送料無料】

送料無料

商品番号 INFANT

ナチュラルハーベスト 送料無料
ポイント 378 ポイント
neel特別価格  7,560円 (税込)
(税抜 7,000円)
  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ

仕様

ナチュラルハーベスト インファント(離乳食) 
原材料
ミルクカゼイン、スキムミルク、チーズ、乳酵母、α化米、菜種油、パーム油、卵黄、チキンレバーエキス、ラード、カキ(牡蠣)殻粉末、ビートファイバー、豚マローエキス、牛初乳、ラフィノース、魚油、レシチン、カゼインホスホペプチド、ラクトフェリン、リゾチーム、ベータカロチン、タウリン、Lリジン、Lアルギニン、DLメチオニン、Lトリプトファン、Lシスチン、クエン酸、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、葉酸、ビオチン、塩化コリン、アスコルビン酸カルシウム、イノシトール、塩化カリウム、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、リン酸ナトリウム、キレートセレン、塩化ナトリウム、豚膵臓乾燥末、ラクターゼ

保証分析値
 
粗タンパク質34.0%以上 
粗脂肪14.0%以上 
粗繊維2.5%以下 
水分6.0以下 
粗灰分9.0%以下●359kcal/100g

ご注意
●湿気の少ない冷暗所で、袋の口をしっかりと閉じて保管し、開封後はなるべく早く使い切って下さい。
●常に新鮮な水が飲めるようにして下さい。
●水分と混ぜてから24時間以上経過した離乳食の使用はおやめ下さい。
●体重の増加がとまったり、様子がおかしいときは、すぐにかかりつけの獣医にご相談下さい。
●体質の合わないときは直ちに給与を中止して下さい。
●添付スプーンは山盛り1杯で約4gです。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。